open house・・・

f0154697_10305983.jpg今日は小春日和の暖かい1日でした。
そんな中、散歩がてら 久々にオープンハウス巡りを2件して来ました。

1件目は スタジオアルテック設計の集合住宅(右)。 オーナーハウス+6住戸。
法的には長屋扱いとし 共用部を極力小さく、いたる所に外部空間を引込む
バルコニーを配置。 外装はガラスとエキスパドメタルを市松に配したデザイン。
オーナー住戸も全て土間やテラスからアクセス出来る 独立性の高い
フレキシブルな設計に 脱帽・・・。
2件目は、納谷兄弟設計の個人邸(左)。 場所が比較的高級感漂う地域もあり
いつもの納谷さんテイストを匂わせつつ インテリアは少しゴージャス感あり。
各フロアー構成が ズレながら連続し、内部テラスや屋上テラス、
そして離れの茶室(?)と 多彩な空間構成。 とにかく納まり・施工がキレイ。
閉じながら内部に開いている空間構成のため、視線を気にせず暮らせそう。

日本を代表する両建築家の住宅 2件を巡り、改めて 我が身の建築に対する
思想や意識 etc. 考える機会を得た1日でありました。        g_■■■

# by bonjour-gaku | 2008-03-02 01:59 | Comments(0)

床下地・・・?

f0154697_294421.jpg今日も改装工事の現場リポートを。

解体を終えると 次は下地の工事へと入っていきます。
まずは「床」です。 既存の床下地がかなり不陸があったため
大工さんはレベル出しで手間とりましたが なんとか床組みをし
下地作業へと移行。 その前に電気屋さんやら設備・ガスなど・・・
関連業者が今日はかち合いながらの作業です。
解体とは違い これからは「作る」というポジティブな作業となり
現場もイッキに活気づいてきました(特にボクが・・・!)
やっぱり いいですね。 少しづつではありますが カタチに
なってきますから。 そしてお決まりの ここは納まらないとか
こっちの方がいいんじゃない? とかの言葉が飛び交いながら
進んでいきます。 いい意味でぶつかりながら・・・ですね。

写真は床の仕上げのための下地なんですが、今回は・・・!?
仕上が楽しみなところでもあります。          g_■■■

# by bonjour-gaku | 2008-02-29 02:59 | Comments(0)

岩井沢工務所・・・

f0154697_13341539.jpg突然ですが、ボクの田舎モリオカに「岩井沢工務所」という
工務店があります。 ボクの高校時代の同級生の実家です。
           (写真は、岩井沢工務所HPより南部曲がり家)
ボクもこんな生業をしているので 最近興味をもって向こうの仕事
をHPなどで見たりしているですが、その当時はまさかお互い
こんな仕事につくとは思っていなかったので興味・・・ゼロでした(笑)
地場産の木をふんだんに使った家づくりは当たり前の朝飯前で、
古民家・蔵改修もやれば、小泉誠氏の9坪ハウスまで作ってしまう!
大工の知識や経験(木組みもかなりスゴイです)もさることながら
なにより 建築から派生する様々な盛岡文化や伝統を大切に守りつつ、
新たな建築技術と融合し、次世代へ継承していく活動がみてとれます。
建築を作るという行為自体、この環境に負荷を与えているのは事実。
古いものをうまく大事にリ・ユースする事が一番 低エネ高効率かも。

ボクも歳を経て、やっと我がルーツに興味が沸きつつある今日この頃・・・。
2代目(?)イワケンが今日も現場を飛び回り、ほぼ毎日ブログをUP。
ぜひ一度 のぞいて見てください。 モリオカ情報なんかもたまにあります。
いつか一緒に仕事出来る日が・・・くるカナ?            g_■■■

# by bonjour-gaku | 2008-02-27 13:59 | Comments(4)

Pale light of the morning・・・

f0154697_0183083.jpg月曜の朝から スーパー朝一にて現場。

夜型仕事生活 早10数年以上・・・。 朝 苦手なんですよ。
しかも 冬は寒いし、低血圧だし(情けないですが・・・)
そんなツラい朝をなんとか乗り越え いざ現場へ。
ここ数日 都内強風のお陰で雲もなく高速からはキレイな富士山が!
「お~」なんて寝ぼけ眼もパッチリ?と覚めたところで やっと到着。
解体作業も概ね完了し、もとのコンクリートの地肌が顔を覗かせる。
レベルやら墨出しの確認など&一服休憩したところで ぼちぼち退散。

帰りのエレベーターを待つ間、ふと目がとまりました。
まだ朝時間のELVホールに差し込む淡い少し青白い光がぼんやりと
廊下を照らし、ちょっと幻想的。 まるでフェルメールの絵の様!!
・・・に見えたのは、まだ寝ぼけていたからカナ!?      g_■■■

# by bonjour-gaku | 2008-02-26 00:59 | Comments(3)

終わることと 始まること・・・

f0154697_11475149.jpg今日からリフォームの現場が 動きだしました。

30数年間 しっかり勤めを果たしてきた小さな部屋が今役割を終え、
そしてこれから 新しい家族を迎えるための命が吹き込まれる瞬間です。
「解体」という 少しネガティブな表現(作業)を、
「再生」というポジティブな思い(創造)に 変換していく作業が始まります。
まっさらからスタートする新築にはない、魅力と可能性がそこにはある
気がしています。 無論 マンションの1室ですから 一軒家の様に
小屋裏をあけたら立派な丸太梁があった!なんて そんなお宝発見
という解体作業ではないのですが・・・。 
ただ そこにある、又はそこにしかない 足跡や形跡、そして記憶を
丁寧に拾い集めながら 新しい息吹を吹き込んでいけたら・・・と。

しばし 埃っぽい1室でむせながら、終わることと 始まることの意味
について改めて思うでありました。                g_■■■
 

# by bonjour-gaku | 2008-02-22 00:59 | Comments(2)

two acrylic・・・

f0154697_13163699.jpg最近 2つの小さな アクリルを頂きました。

ひとつは、友人が SOHOに遊びに来てくれた時に頂いたモノ。
ホンモノの4ツ葉のクローバーが アクリルの中に浮いててキレイ。
幸運を運ぶインテリアグッズだそうです。
もうひとつは、現場で電気屋さんからねだって譲ってもらったモノ。
何に使うのかと聞くと スイッチやコンセントプレートを取り付ける際
水平垂直を出すのに使うんだそう。 ナルホドね・・・
現場でよく見かける水平機の核心部分のみがアクリルで
包まれている。 側面(黒い部分)には磁石までついている優れモノ。
(使い込んでいたため キズにはなってますがかなりいいデザイン!)

この2つ 全く用途は違えど なにか共通する美しさを感じます。
人を幸せにするデザイン、機能を兼ね備えたデザイン・・・。
建築を作る時にも大事なキーワードな気がします。     g_■■■

# by bonjour-gaku | 2008-02-19 13:59 | Comments(1)

通行止め・・・

f0154697_1935188.jpg今日は朝からヘリの音で目が覚めました。

そう、今日は東京マラソンだったんです。
浅草・浅草寺が折り返し地点とあって、上空は朝からヘリが旋廻中。
東京の主要観光スポットをめぐるコースとあって今年の参加申込は
15万人超とか・・・。 いやはや皆さん 全国各地からわざわざ・・・。 
今年で2回目とはいえ すっかり定着しつつある 東京の一大
イベントとなってきているようです。
さて出掛け間もなく橋に差し掛かったんですが、そこは人っこひとり
いない状態で・・・。 何かと思えば交通規制により橋は全て通行止め。 
でも めったにお目にかかれない車のいない橋の光景を見れ
自分的には ちょっとラッキーでした。 年に1度ですからね。
橋を渡れば 江戸通りを市民ランナーがわんさか群れをなし
思い思いの格好をして 楽しそうに激走中~。 なんかイイなぁ。
っという事で 来年は、ぜひボクも参加!っという気持ちには・・・
今のところ・・・なっておりませんが!?           g_■■■ 

# by bonjour-gaku | 2008-02-17 20:59 | Asakusa | Comments(2)