a night river・・・

f0154697_1321589.jpgなんか久々の更新であります。 最近ホント寒いっ。

予想通り 2月に入ったとたん 色々バタバタになってきてしまって。
終わる現場、始まる現場、図面描く作業に加えて、恐怖の学校も
今月からスタートし、また半年間 地獄のSunday・・・デス。
そんな合間をぬってブログ更新していこうと決めてたんですけど・・・
やっぱり時間ではなく ココロに余裕がないとダメですね。
そんな訳で ココロに少しの隙間を作ろうと 現場の帰り道
夜の隅田川 一人散歩を決行。 川の風は身にしみるほど寒いんですが
ボンヤリするには対象物(水面)がゆったりと動いている方が
落ち着くんですよね。 空の雲とか焚き火とかも然り・・・。
水面には 街のネオンや、首都高速のナトリウムランプが映りこんで
ユラユラと・・・ちょっとSeineっぽくてキレイなんですよね。

そんなこんなで2月も折り返し地点・・・。
でも今年は29日まであるんですね! 1日もうけました~。   g_■■■

# by bonjour-gaku | 2008-02-15 01:59 | Comments(0)

雪ぼうし・・・

f0154697_1952629.jpg今朝は東京でも 朝からプチ吹雪・・・で積もりました。

しかし ベタベタした水分のタップリ含んだ雪。
歩くのにも人苦労です。 長靴なんてありませんから。
雪歩きにはちょっとしたコツがあるんですけど
うちの田舎のサラサラ雪とは違い あまり心地よい足触り
じゃないんですよね、こっちの雪は。
そんな寒い雪の中 出掛けなければならず・・・。
道々 厩橋に差し掛かったとたん ホント吹雪状態。
ふと見ると、橋の欄干の袂をライトアップする照明の傘にも
雪が可愛く降り積もっておりました。
川に降り落ちる雪もいいもんだな~っとちょっと覗き込んだりして
いたのも束の間、あまりの寒さに足早に退散しました・・・。

早いもので もう2月です。 2月は逃げる!です。 
今月は色々忙しくなってきそうです。        g_■■■

# by bonjour-gaku | 2008-02-03 19:59 | Comments(0)

my way・・・

f0154697_14155360.jpg今日は夜から’打合’と称する飲みに出掛けました。

帰りは いつものごとく(?)終電となり、なんとか終点浅草まで到着。
天気予報通り 駅を降りたら 小雨(小雪?)がパラパラと舞い
ホロ酔いも醒める寒さの中 フラフラと家路へ。
その道すがら、頭の中で これからの自分の行く末なんかをいろいろと
考えてしまいました。 今までは比較的 直球勝負で生きてきたつもり
でしたが、いざ一人歩きを始めるとそれが意外にも変化球だった・・・
なんて感じることに直面したり・・・。
自分で考え創っていこうとしているものに 迷いがあるのでは?
と急に焦燥感にかられたり、来た道と行くべき道が違っていた?なんて
思ったり。 ま~これからだから!っと妙に自分を納得させてみたり・・・。

道路の白線をなぞる様に、フラフラと蛇行しながらでも
その先の自分の道を求めて 歩いて行かなければなりません。  
今日も明日も、そしてこれからも・・・悩みながら。         g_■■■
 

# by bonjour-gaku | 2008-01-29 02:59 | Comments(0)

浮世絵・・・

f0154697_18233135.jpg両国にある 江戸東京博物館へ行ってきました、自転車散歩で。

建築は菊竹清訓大先生の作品(1992年)です。
自邸のスカイハウスを彷彿とさせる ダイナミックなピロティーが
建築を地面から持ち上げ、浮遊させたデザインが特徴的です。
(個人的には、ちょっとギモンが残る点が多々ありましたが・・・)
あと目的がもうひとつ、「北斎展」を見るためでした。 
好きなんですよ 浮世絵。 あのシンプルな線と構図が。
ボクは どちらかと言えば「広重」派なんですが
やはり一度はあの’赤富士’を拝みたかったんですよね。
(版は意外に小さく、しかも色もちょっと褪せてたカナ) 
それと北斎漫画も興味深かった。 あの観察力・表現力とユーモアさ。
江戸の人々の生き生きとした生活が手に取るようにわかります。

写真右下の屋根チラ は両国の国技館。 しかも今日は千秋楽・・・。
それにしても 白鵬 いい~相撲だったなぁ。        g_■■■

# by bonjour-gaku | 2008-01-27 18:59 | Comments(3)

bamboo and the sky・・・

f0154697_1846287.jpg今日は快晴。 だけど北風が強~い一日でした。

住宅の現場も、やっと足場もとれ 全体が見えてきました。
内部の仕上げもひと段落してきていました。
あとは住宅部分対面に建つ 野菜倉庫との間の外構工事段階
となり、いよいよ 全体計画もフィナーレに近づいてきました。
今回の計画は、時間的な制約と、裏山の敷地的な制約の中の
計画という事もあり なかなか工事も大変でした。
法的規制も相まって、倉庫部分と住宅部分を切り離して計画しましたが、
道路側から見ると 軒先の高さを合せて2棟並んだ アプローチの奥に
裏山の竹林が見え、結果としてはイイ感じでした。

ボリュームを切り離し 平屋として計画した事によって出来た
建物間のスキマ、空の広がり、竹林の見え方・・・。
当たり前ですが そんな自然や周辺環境を取り込みながら
建築というものは生きてくるんだと 再認識したのでありました。  g_■■■

# by bonjour-gaku | 2008-01-26 00:59 | Comments(0)

雪景色・・・

f0154697_1047392.jpgここ数日 やたら寒いと思ってましたら、
天気予報通り 都内も久しぶりに雪が降りました。

現場をやっている方々にはツライ時期ではありますが
個人的に 北国生まれ、北国育ちのボクとしては
無性に うれしく 懐かしく 感じてしまいます。
(モリオカすごく吹雪いてたけど・・・大丈夫カナ?)
雪の朝 起きた時、その匂いというか静けさで 雪が降っているか
どうか 昔はわかったものですけど。
残念ながら 東京の喧騒を覆い隠すほどの降雪はなく
なんとなく中途半端に午後には降り止んでしまいました。 残念・・・。

朝 駅へ向かう道すがら、傘をさし 水分の多い湿った雪をさえぎりながら
歩く親子の姿。 母の思いとはウラハラに チビっ子は雪との遭遇に
はしゃぎ、走りまわります。 まるで子犬の様に・・・。
この冬あと何回 Tokyoで雪景色をみられるかなぁ~。     g_■■■

# by bonjour-gaku | 2008-01-24 01:59 | Asakusa | Comments(0)

a corridor of the memory・・・

f0154697_2342226.jpgこの年末年始の合間をぬってマンションリフォームの
模型製作をしておりました・・・久々に。

来月着工を目指して もっかモロモロ調整中・・・。
小さなマンションではありますが 図面ではツメ切れない部分を模型を
作って検討しております、っが 久々の自作模型なんで 手がイマイチで。
でもクライアントの思いと、自分自身のコンセプトにズレがないかを
検証するには やはり模型が一番です。
廊下壁面の一部に「記憶」なる壁を考えています。 今回のコンセプトって
やつですかね。 具体的なカタチが 作りながら見え隠れしてきました。
玄関側からや、ベランダ側から覗いては「う~ん」とうなったりして。
っとは言え まだまだ他にも考え直したりしなければ・・・という部分もあり
進んでは戻り・・・の段階です。 現場スタートまでには、ボクなりの
最終的な答えは用意して望みたい、と思っての事です。

あとは 予算?・・・と、ボクの根気?・・・勝負です。       g_■■■        

# by bonjour-gaku | 2008-01-21 23:59 | Comments(0)