the rainy season・・・

f0154697_17533544.jpg6月になった途端 Tokyo は「梅雨入り」したそうです。

季節の変わり目としてはわかりやすくていいかもしれませんが
予想より早い梅雨入りに・・・少々憂鬱・・・。
週間天気を見ても暫くはお日様を拝む事は出来なさそうです。

所要で出掛けたついでに、雨の浅草寺へブラっと。
ちょうど修学旅行の学生で 門前はあふれていました。
色とりどりの沢山のパラソルが咲き乱れる様を目にし
梅雨の到来を実感したのでありました・・・。

そろそろ アジサイも花を咲かせる季節です。

                                g_■■■

# by bonjour-gaku | 2008-06-03 18:59 | Asakusa | Comments(3)

color・・・

f0154697_2211682.jpg肌寒い昨日とうって変わって 久々の晴天。 今日から6月です。

本日 所要の前に、1件気になる住宅のOHに出掛けました。
建築家 駒田夫妻です。 今回初めてお目にかかります。
銀黒のガルバで覆われた四角い箱に ランダムな開口。
四角い平面を9分割にする薄い木造の壁(梁)。
わずか6cmたらずの厚さの壁が9つの部屋を形成し
ゆるやかに分割しながら連続しているのが特徴でした。
その構造用合板のラフな質感を何種類かに着色して
アクセントをつけています。 その合板は外部にも伸び
FPRで薄っすらと塗膜処理がされていました。
分割と拡張・・・相反するかの様な事象が微妙なバランスで
成りたっている・・・ような住宅でありました。

テラスの開口から切り取られた空が、妙に青く抜けて感じた
そんな貴重な晴れの一日でした。            g_■■■

# by bonjour-gaku | 2008-06-01 22:59 | Comments(0)

その先に・・・

f0154697_1453771.jpg今日、天気予報では午後から雨上がるはず・・・だったんですが。

唐突ですけど、坂道が好きです・・・個人的に。 平坦な道より。
ナゼか考えてはみるのですが・・・。 くだりより やはり登り派です。
先が見えそうで見えないからかもしれません。 曲がりくねった道も然り。 
今日 そんな坂道を訪ねて来ました。 
坂の入り口のスナックを横目に、目的地はその先にありました。
坂下からもその敷地らしきものは見えているのですが 更地のため
雨に濡れた斑な擁壁だけがチラチラ見えるだけです。
賑やかな街の喧騒から少しだけ奥まった所にそれはありました。
昼夜うごめく人々と、静寂の住宅地のエッジに位置するその場所。

坂下から見上げた時、そのチラっと見えるエッジの部分がヒントに
なりそうな気がします。 それと雨に濡れた色鮮やかな葉っぱとか。
建築のようで建築でないような・・・そんな有機的なものが見えたら
坂を登るのも きっと楽しいだろうな。              g_■■■

# by bonjour-gaku | 2008-05-30 01:59 | Comments(2)

the rose of sepia・・・

f0154697_23335945.jpg枯れてしまったバラも よく見ると意外と美しいものです。

花の最後・・・切ないものだけど 枯れるから美しいのかもしれないし、
枯れていく姿も美しいものなのかもしれません。
倉俣史朗も、「ガラスは割れる瞬間が一番美しい」と言ってたし・・・。


なんとなく もう少し飾っておこう・・・と思ってしまいました。

                                 g_■■■

# by bonjour-gaku | 2008-05-29 08:59 | Comments(5)

駒形夕景・・・

f0154697_0441566.jpgここ数日 Tokyo はイッキに夏の様な気温が続きます。 
上着どころではなく 半ソデの季節が加速してきましたし。

でもその前にイヤ~な梅雨がくる・・・。 憂鬱です。
そんな梅雨の予行演習のような 湿度が高い ジト~とした雨が昨夜から
降り続いていました。 モチロン季節には逆らえませんから
素直に四季を楽しみながら日々生活するしかないのですけど・・・。
そんな日曜、夕方浅草へ戻ると、雲の隙間から 少しだけ夕焼けが
チラっと顔をのぞかせておりました。 
雨上がりの夕焼けを見れた時、ちょっと得をした気分になります。

週明けの Tokyo は晴れ空からスタートしそうです。
カラっとした五月晴れも残りわずかカナ・・・。
                          
                                    g_■■■

# by bonjour-gaku | 2008-05-26 00:59 | Asakusa | Comments(3)

浅草橋にて・・・

f0154697_17112550.jpg先日 台風もどき(?)一過の後の空・・・久々の晴天。

よく通る 浅草橋で、いつものように電車を待っていたのですが
大雨の影響で電車にも遅れが出ているようでなかなか定時に
電車が来ません。 ま~仕方ないかと思い ふと空を見ると
ご覧の通り 青空がのぞき始めておりました。
それと同時に 何気なく見ていた 駅舎の屋根のフレームのアーチ郡が
なんとも美しく見えました。 さらによく見るとその細い鉄骨フレームは
昔のレールを使っている事に気づきました(今更ですが・・・)。
以前聞いた事があるのですが 物資が貧しい時期に 使われなくなった
レールを駅舎などに再利用したのだと。 その割には デザインもいいし
なにより 美+用 もマッチし、なにか不思議なエネルギーすら感じます。
建築に関しても1950年代あたりの建築(特に住宅郡)にも共通します。

物資は乏しいけれど、それを乗り越えるために挑戦したり考えたりする
エネルギーは現在よりも数倍あったんだろうな。 う~ん・・・  g_■■■

# by bonjour-gaku | 2008-05-22 17:59 | Asakusa | Comments(0)

re.3-1008・・・


府中・多摩川沿いのマンションの1室・・・リノベーションです。

代々受け継がれてきた 人の記憶、生活の記憶、景色や空気、匂いの記憶。
そんな記憶を抽象化し、それに距離感をもたせることにより、過去と未来の
橋渡しを 小さな空間の中に盛り込みました。
多摩川から流れこむ風が 心地よい季節に、完成しました。     g_■■■

□建築概要
用  途 : 共同住宅(10階建ての1室)
工事種別 : リノベーション(築34年モノ)
専有面積 :  60.70㎡(18.36坪)
改装面積 :  53.20㎡(16.09坪)
設計工事期間 : 2007. 10~2008. 05
施  工 : ㈱長野工務店

# by bonjour-gaku | 2008-05-20 02:59 | Comments(2)