カテゴリ:g_F( 71 )

September ・・・

事務所からの窓の景色・・・

月入ってもまだ夏空全開・・・まったく秋の気配はしてきません。

今月もまだまだこの暑さとの戦いは続きそうです・・・汗

September ・・・_f0154697_16461793.jpg




























g_■■■


g_FACTORY Instagram






by bonjour-gaku | 2020-09-02 15:59 | g_F | Comments(0)

100% LiFE ・・・

静かで暑い 夏休みも終わり、今日からまた通常業務再開しています。

100% LiFE ・・・_f0154697_19110000.jpg






































さて今日は掲載誌(WEB)のお知らせを・・・
「100% LiFE」 → https://100life.jp/style-of-life/44370/
というライフスタイルマガジンに「菊名のトンガリ」が紹介されています。
約1年半前に完成した横浜の狭小3階建ての住宅です。
だいたい取材時はバタバタとお片付けしながらの撮影が多いのですが
ここのお宅はホントいつもキレイにこの家を住みこなしてくれています。
仕事もリモートがメインになった事もありますが、家時間が多くなった昨今。
生活と仕事のボーダーがなくなりつつあり、ONとOFFがうまくミックスされた
ボーダレスな空間がより求められていると思います。 
また外部空間をいかに室内に取り入れ、部屋にいても外を感じ、風を感じれる
という事も家(室内)時間が多いと重要です。 
この家にはそんな場所も盛り込まれていますから、こんな時期ですが、閉塞感なく
快適に楽しく住まわれている事が、設計者としてはナニよりも嬉しく思っています。 

換気とはスイッチを入れて換気扇を動かすという事よりも、大きな窓が開けられる
設計的な思慮と、状況を作るという事の方が重要だと思っています。
そんな当たり前の事を、今一度見直しながら、これからも家づくり、未来づくりに
没頭していきたいと改めて思う、今日この頃であります・・・


g_■■■


g_FACTORY Instagram





by bonjour-gaku | 2020-08-20 18:59 | g_F | Comments(0)

Summer vacation ・・・

梅雨明けして連日、夏日、猛暑日、熱帯夜・・・
長梅雨だっただけにまだカラダが太陽に順応してきれていません・汗

Summer vacation ・・・_f0154697_18003218.jpg



































とは言え、現場的にはモチロン晴れの方がいい訳で、
各現場の方はこの晴天続きで順調に進行しております。
世の中、先週土曜から夏季休暇という会社も多いかと思います。
当事務所は少しずらして明後日13日から1週間、19日までお休みです。
とは言え今年はステイしなければならない事情ですからね・・・
まず仕事疲れを癒しつつ、この犬達と近所を徘徊して終わりそうです・笑
それと涼しい部屋で映画三昧、カナ!?

ま、ナニはともあれ、皆さんもよい休暇をお過ごしください!


g_■■■


g_FACTORY Instagram






by bonjour-gaku | 2020-08-11 19:59 | g_F | Comments(0)

August ・・・

今日から8月・・・久々に朝から太陽の眩しさで目覚めました。

August ・・・_f0154697_10382147.jpg




































東京、やっと梅雨、明けたんですかね? 明けましたよね?!
それにしても異常~に長い、長過ぎる梅雨でした、今年は。
コロナ禍もあり、自宅や事務所にいる事が多くなったとはいえ、
現場を持つ身としては、やはりお天気が悪い事でのメリットはなく、
気を揉む1ケ月弱でありました。
やっとこれから外仕事も予定通りに進行していく事でしょうし、
室内のジメジメも解消されてくると期待しています。
ま、暑くなればなったで現場の方々は熱中症などの事もあるので
大変ではありますし、今年は暑さ+マスクという二重苦との戦いでもあります。
ボクもそうですが、十分に注意して過ごしたいと思います。

今月は、夏季休暇もあるのでそれまでに、色々とキリをつけれるよう
デスクワークの方も進めていかねば・・・汗


g_■■■


g_FACTORY Instagram



by bonjour-gaku | 2020-08-01 13:59 | g_F | Comments(0)

snap shot ・・・

7月も最終週・・・そしてまだ梅雨は明けません。
朝から天気も不安定な中、WEB雑誌の取材で久々に菊名まで。

snap shot ・・・_f0154697_18502054.jpg

































昨年末1年点検でお邪魔して以来なので約半年ぶりの再訪でした。
取材という事もあったので多少はお片付けはしてくれたみたいですが
いつ来てもステキに暮らしてくれている様子が見て伝わります。
また、コロナ禍もあり、お二人とも在宅ワークが多くなったようですが
家の中で仕事が出来るスペースがある余白が生きているようで
予期はしていませんでしたが嬉しいですね。
家時間が増えた事で、改めて住まいの重要性も見直されており、
暮らしやすいという事のみならず、空間の許容性も重要だと思います。
限定せずフレキシブルに使える空間、余白がある空間、隙間などなど。
そんな空間が少し家にあるだけでも豊かさをもたらしてくれると思っています。
それは一見ムダ・・・と思われがちではあるんですけどね。

来月には掲載サイト、ご案内できると思いますのでお楽しみに!


g_■■■


g_FACTORY Instagram







by bonjour-gaku | 2020-07-27 19:59 | g_F | Comments(0)

July ・・・

梅雨、真っ只中の7月です。
ここ最近はずーーっとスッキリしない天気が続いています。

July ・・・_f0154697_15192073.jpg



































動物園や美術館が やっと開館したりして、ココロの糧のなる日常が
少しずつ戻ってきているのが嬉しい限りです。
が、まだ演劇や音楽関係は 開催しても人との距離を確保しなければならないため
厳しい状況が続いているとの事。
先日、オンラインで初めて「辻井伸行クン」のピアノサロンコンサートを聞きました。
ライブではありますが、当然生の音質ではない事はよくわかります。
ですが、意外にも楽しむ事ができました。 通常の生ライブではわからない表情や
手の運びかたなんかを見る事が出来て、これはこれで新しいな、と思いました。
普段、あまりこういう場に足を運ぶ事がないので、気軽に聴けるという事も気に入りました。
ゴロンとくつろぎ、お酒を飲みながら音楽を楽しむ事が出来るのですから。
これから音楽だけでなく、演劇や舞台なんかも積極的に視聴してみようと思いました。
歌舞伎や落語なんていうのもありそうです。
自分のココロも豊かになり、アーティストも少しだけ支援出来きますからね。

ステイホームの時間に、こうして様々な普段行けない事をオンラインでチャレンジして
本当の日常になったらぜひ足を運んで生ライブを見たい!と切に思いました。


g_■■■


g_FACTORY Instagram




by bonjour-gaku | 2020-07-04 17:59 | g_F | Comments(0)

June ・・・

6月に入りました。
そして 緊急事態宣言が解除になり、少しずつ 日常が
始まりつつあります。

June ・・・_f0154697_16114115.jpg




































とはいえ、まだイッキに全面解除になる訳でもありませんし、
ましてはウィルスが完全排除された訳でも、特効薬が出来た訳でもありません。
いままでの日常ではなく「New normal」な日常という事になるのでしょう。
ですが、ボクの仕事的には少し移動が可能になったり、
対外的な打合せが公に?出来るようになり 少し助かったりしています。
こんな世の中の状況ですが、自然界は当たり前ですがいつもの日常です。
新緑から深緑に変わり、紫陽花の花も見頃を迎えようとしています。
そんな自然に目を向け、少しだけエネルギーをもらっています。

東京は蒸し暑さがまし、マスクをしての外出がうっとおしくなってきました。
通気と気密・・・マスクも建築も難しい課題です・・・

g_■■■


g_FACTORY Instagram




by bonjour-gaku | 2020-06-01 22:59 | g_F | Comments(0)

May ・・・

混乱・混沌の4月がやっと終わり、今日から5月・・・
見上げれば木々の新緑も色濃くなってきています。

May ・・・_f0154697_10231667.jpg





































写真は事務所近くの福徳神社の森・・・
この季節、普段のランチタイムならサラリーマンやらOLさん達がこの木々の下
お弁当を食べたり、スタバのコーヒーを飲んだり憩いの場として賑わっています。
ですが、今は静かな都心の森と化しています・・・
人も車も少ないせいか、空は青く、空気も少しだけ澄んでいるような気がします。
この木々の下、深く深呼吸したい、という状況ではないかもしれませんが、
少しだけココロが癒される空間です。 ボク1人、この静寂も贅沢で悪くないです。
また早くいつもの日常に・・・とよく耳にしますが、前の様な日常が本当にいいのか?
収束したからといって、以前と同じ日常がいいとは思わなくなってきました。
ここで苦しみ、悩んだ経験をもとに少し新しいスタンダードに生かしたいと思います。
本当に必要なモノを考え、選び、不要な習慣はなくなっていくような日常。
不要は切り捨て、という事ではなく自分自身がもっと前に出る生き方といいますか・・・
ボクはIT派ではないですが、オンラインがもっと習慣になれば、人と人との
コミュニケーションや距離のとり方も考えていかねばなりません。
それを恐れる事なく、もっと新しい捉え方として社会像や、そしてこれからの建築と人
との関係性を見直す時がくるんだと思います。

明日2日から6日まで、静かな黄金週間をステイしながら過ごしたいと思います。
皆さまも、どうぞ新しい日常を想像しながら、日々お過ごしください。

g_■■■


g_FACTORY Instagram



by bonjour-gaku | 2020-05-01 13:59 | g_F | Comments(0)

Online meeting ・・・

昨今のこの状況・・・いよいよボクも オンライン会議を始めました。


Online meeting ・・・_f0154697_17562380.jpg








































その前に、慣れもあるので事務所内での在宅ミーティング、オン飲みなるモノにも
参加してみたりと、少しずつ試運転はしていたのですが、
いざガチ仕事で使うとなると色々とイイ面、やりづらい面も同然みえてくる訳で。 
まずは打合せの前に各自、事前準備の必要性が今まで以上にある事。
オンラインの場合はまずはこれにつきるのかな、と個人的な感想。
あとはこちらで発信した意見の、相手方のリアクションがわかりづらい事。
対面であれば、表情からどう理解してくれているのか把握しやすいんですけど
オンラインだとそこが見えづらい。 逆にいうと意見をぶつけ合わないと
内容が通じづらい事。 そこに表情を読む忖度は存在しない・・・です。
どちらがいいという訳ではないと思いますが、これもたぶん慣れなんでしょうね。
ただ問題は・・・現場なんです。
デスクワーク的な打合せやクライアントさんとはオンラインでもなんとかなる事も
多いのは事実ですが、現場はなかなかまだそうは対応していませんで。
幸い近隣の現場は出向けますが、地方の現場は世の中が許してくれませんので
移動も出来ずという事で結構深刻ですし、今後の課題は山積みですね・汗

ボクとしては近い、遠いに関わらずソコにいくまでの道中での時間が案外貴重な時間で、
例えば考え事や、読書、妄想、頭の切り替えをするグラデーション タイムだったり。
手紙から電話へ、電話からメールへ、そしてメールからオンラインへと常に
情報伝達手段が変わるにつれ、便利と引き換えに自分時間が増えているだろうか?
という疑問を感じつつ、まず今はこの手法を活用するしかないんですけどね。

g_■■■


g_FACTORY Instagram




by bonjour-gaku | 2020-04-28 21:59 | g_F | Comments(0)

木を重ねて作る事・・・

緊急事態宣言が発令されて約2週間・・・
今までの事務所業務の進め方も少しだけ変化がありました。

木を重ねて作る事・・・_f0154697_17561430.jpg





































と言ってもボク自身はあまり変わりないのですけど
スタッフが在宅業務でしか仕事が出来ず、その種別には限界がある事も
正直わかってきました。 建築の難しさといいますか・・・
そんな中ですが、遠隔ながら「台地の家」の構造骨組の模型が完成し
スタッフより宅急便で事務所に届きました。 なんか不思議な気分です。
今までは事務所内で横目でチェックしがら進めてきた作業(現場)が
他の工場で作られてきたような感覚になってしまったからです。
こんな時期になぜこのような構造模型を作るのか?
の意味を少しだけ改めて考えてみました。
ボク達は現場で何かを自力で作る事が出来ません。 
その意味はすごく大きくて、ジレンマではあります。 
机上で考えた事を、現場に如何に理解してもらい工事を進めるか・・・
ですから出来る限り手を動かし、模型を作り、自分自身 求めている建築の
根拠を確かめたいからだと思います。 木造は難しい構造です。
見えるからこそ、その組み方や見せ方を考えます。 
材種によって強度も耐久性も違いますし、見えてくる色味や手触りも違います。 
それを重ねて作る技術を日本人は連綿と継承してきた文化があります。
木を重ね、歴史を重ね、屋根形状もこうして重なりの様なカタチにしています。
施工技術が相当必要なだけに、吟味し理解をする為にこの模型があります。

こうして出来た骨組は、美しくもあり力強いものになったと思います。
これから現場の英知も借りながら、実現へと微調整が続きます。

g_■■■


g_FACTORY Instagram




by bonjour-gaku | 2020-04-24 17:59 | g_F | Comments(0)