カテゴリ:現場風景( 110 )

Rough wall ・・・

9月も中盤。 連休過ぎたあたりからめっきりと過ごしやすくなってきました。
今年は夏が暑すぎたのでより一層涼しさ感を感じます。

Rough wall ・・・_f0154697_17041913.jpg




































さて都内で進行中の台地の家・・・いよいよ外壁も仕上がってきました。
今週末に足場がバレる予定なので、このザラザラとした外壁の仕上がりを中心に
外回りをチェックしてきました。 今回は1、2階と外壁の仕上げを全く別モノとし
時代背景を少しだけ感じさせる仕上げとしています。 ザラザラ&ツルツル・・・
1階部分はこの台地から盛り上がってきたような、土っぽい仕上げとしています。
ホントはこの現地の土を混ぜて塗りたかったのですが様々な条件もあり断念・汗
ですが、これはこれでなかなかイイ仕上がりになっていると思います。
ま、とにかく全貌がみれる来週が楽しみです。

内部は造作もラストスパートで、塗装など仕上げ作業に少しずつ移行しています。
完成まで約1ケ月・・・まだまだ山々は続きます。


g_■■■


g_FACTORY Instagram


by bonjour-gaku | 2020-09-23 19:59 | 現場風景 | Comments(0)

clear ・・・

先週、盛岡のリノベ現場・・・少し遅くなりましたが、UPしておきます。

clear ・・・_f0154697_16510847.jpg



































やっと足場もバレて、全貌が見えてきました。
秋晴れのクリアな青空に、外壁が映えています。
内部の方はいよいよ仕上げ作業に突入しています。
それに伴って外構工事の打合せなどなど・・・
足場がとれると完成間近!みたいに思うかもしれませんが
案外それからの作業ってあるんです。
足場をあまり残置していると、足場パイプに雨があたり
雨汚れなどがついてしまうので、外壁仕上り次第即撤去となります。

来月完成まであと少しかかりそうです。


g_■■■


g_FACTORY Instagram



by bonjour-gaku | 2020-09-17 21:59 | 現場風景 | Comments(0)

Look a little ・・・

台風一過の影響? 昨日は雨 →強晴れ →また雨からの晴れ・・・
みたいな不安定な空模様でした。
雨降っても涼しくなるどころか、湿度が上がり逆に蒸し暑かった・汗

Look a little ・・・_f0154697_18353235.jpg



































ま、今日も引き続きの残暑は続いている東京であります。
今朝、台地の家の現場定例監理に行ってきました。
着いたらちょうど、2階への家具搬入で足場の養生がめくられ
少しだけチラ見できました。 サッシの障子も取り外されていて
窓枠養生のオレンジが妙にインパクトがあり・笑
1、2階の別々の外壁施工も終わり、塗装が終わるといよいよ
月内には足場がバレて、全貌がお披露目する事になります。

毎回、この足場解体が楽しみでもあり、不安でもありという瞬間です。
台地から伸びやかに立ち上がる姿、ボクの頭ではイメージ出来ていますけどね。


g_■■■


g_FACTORY Instagram






by bonjour-gaku | 2020-09-08 22:59 | 現場風景 | Comments(0)

「ツラ」 と 「逃げ」・・・

夏季休暇明け、約2週間ぶりの現場です。
まだまだ残暑MAX、そして現場は各職人さんの熱気で暑い暑い・汗

「ツラ」 と 「逃げ」・・・_f0154697_19455328.jpg



































外部は、難所の屋根が無事終わり、外壁張りが半分くらい完了してきました。
内部は、各階各所 下地から造作作業が始まっている状態です。
写真は2階の山並みの天井部分。
仕上げのシナベニヤがキレイに張られたところです。
勾配の違う登り梁と全て面(ツラ)で納めています。 この複雑な構造体を
素直に見せたいという思いがあったので、素のままで表現しています。
面を揃えて納めるというのは簡単の様に思うのですが、現場的には最も難易度が
高い施工になります。 CADで書くように現場は全てが真っ直ぐではなく
特に無垢の梁などは寸法に多少の相違があるのがツキモノだからです。
その為に逃げ寸法というのが必要になってきます。 それが目地、です。
仕上げ材を梁から目透し(今回は6mm)にして、その微妙な不陸を目立たなく
しながらツラになっているように施工する ディテールと技術です。

仕上りをキレイに見せるために、このようにボクと施工者は現場で格闘し、
協同作業をしながら、ひとつひとつの部位を仕上げています。
そして、これからもお互いの掛け合いは続きます・・・


g_■■■


g_FACTORY Instagram





by bonjour-gaku | 2020-08-26 21:59 | 現場風景 | Comments(0)

on going ・・・

盛岡での リノベ プロジェクト・・・
世の中の状況が状況だったのもあり約1ケ月ぶりの現場となりました。

on going ・・・_f0154697_19305917.jpg

























その間もリモート監理ではありますが、現場は着々と進行中です。
仕上げ段階などに入ってきましたので、やはり直接見て決めるべき所、
また細かい納まりなどは直接確認、協議しなければなりません。
なかなかコミュニケーションが難しい中でも現場は最善を尽くし
暑い中作業を続けてくれている事に感謝であります。
リノベ前、廊下にあった急階段は撤去し、新たにその階段を室内に取り込み
ゆったりとした木の連続する階段としながら、意匠的にも拘りました。
キッチンも設置されてだいぶLDKの雰囲気がわかるようになってきました。
最後の細かいディテールを詰めながら、キッチリと納めていきたいと思います。

お盆を過ぎた盛岡ですが、日中は東京並みに暑かったですね~汗
次回行く頃には残暑もだいぶおさまってきている事を期待しています。

g_■■■


g_FACTORY Instagram



by bonjour-gaku | 2020-08-24 18:59 | 現場風景 | Comments(0)

Client meetings ・・・

梅雨明けした東京・・・連日暑い日が続いております。
こちら「台地の家」、6月中旬に上棟し1ケ月半ですが
雨ニモマケズ、現場の方は至って順調に進行しています。

Client meetings ・・・_f0154697_13191193.jpg



































今日は上棟後初めてとなる施主現場定例日。
暑い中現場へ来て頂き、現場の進捗報告や、各職人の作業説明、
検討事項の確認、色や素材の確認などをしてもらいました。
図面や模型などで説明はしてきているつもりですが、やはり現場を
見て頂きながら空間認識をしてもらう作業は非常に重要です。
思ったより狭いとか、天井高いとか、その場の空気感など・・・。
それによりまた現場で微調整など行う作業を繰り返していきます。
また各職人がどの様な作業をして、これから塞がる部分を作りあげていくのか
その地味で重要な過程を見てもらう事は、家づくりの安心感に繋がると思っています。
写真は2階風景。 交互にズレながら連なる山並みのような屋根が
室内にもそのまま反映されています。 空間としては決して広くは
ないのですが、底部と頂部の勾配の差が空間を広く感じさせる効果を
もたらしており、その感覚を施主にも体感してもらっている風景です。

こうして現場のその都度その都度、このように図面、模型、そして現場と
情報と空間を共有しながら完成まで進んでいきます。


g_■■■


g_FACTORY Instagram



by bonjour-gaku | 2020-08-04 22:59 | 現場風景 | Comments(0)

Roof line ・・・

梅雨明けぬ空を眺めながら、台地の家の現場へ・・・
日々雨天気の合間をぬって、板金屋さんかなりの精度で仕事をこなしています。

Roof line ・・・_f0154697_19113277.jpg




































ひとつの屋根に5つの勾配が混在しているので、普通に考えても仕事量は5倍!?
ホント頭が上がりませんが、そこは事前にしっかりとコンセプト、見え方などを
打合せし、納得してもらって進めています(の、つもりです・汗)
この写真をみると特に違和感はないと思いますが、この軒ラインが揃っているって
実はスゴイ事なんです。 普通、勾配が違う訳ですから、軒高が一緒であれば
軒先もその勾配によって軒先の寸法が微妙に変わってくるからです(比率計算)。
それなのに!です。 実は登り梁の上の通気垂木のサイズを軒先に向けて各所
微妙に削って軒先が揃うように大工が加工しているからなんですね。
それにより軒ラインがキレイに揃い、かつ防水処理もしやすくなる、という技。
ボク達は図面を書き、模型もつくりながら様々な角度で検討しながら現場へ
臨みますが、大工達は自分の持ち分でその先の事を考えて仕事をしてくれる。
立場は違えど、それぞれが本気で考えているからココまで出来ると思います。
知らなければそれで済む様な細かいディテールがこの家には散りばめられています。
内部にもこれからボクと大工の そんな技の掛け合いが展開されていきます。

次回は内部作業風景を見てもらおうと思います。
来週には梅雨・・・明けてくれ!

g_■■■


g_FACTORY Instagram



by bonjour-gaku | 2020-07-22 18:59 | 現場風景 | Comments(0)

Iron post ・・・

この週末、現場などの予定もあり盛岡へ遠征してきました。
こちらのリノベ現場も天気に左右されながらもなんとか順調に進行中。

Iron post ・・・_f0154697_17552218.jpg




































現場は断熱吹付補てんも終わり、内部造作にはいる段階です。
リノベあるあるなのですが、解体してから構造的に抜けない柱がありました。
木造であれば梁を補強するなどで撤去する事も可能ではあるのですが
某メーカーの鉄骨造なので、そうもいかなかったのです。
写真で見えている2本の柱がそれです。 室内に大きな影響はないとはいえ
出来ればないに越した事はないのですが・・・。
この柱をこれからどう意匠的に処理するか、が今後の課題でもあります。

シトシトと雨音を聞きながら、今後の室内の納まりや材種の確認、
そして外壁、屋根の塗装はいつになったらできるかね~?と悩みは尽きません。


g_■■■


g_FACTORY Instagram






鉄プロジェクトの続き・・・
by bonjour-gaku | 2020-07-13 22:59 | 現場風景 | Comments(0)

アンモナイト・・・

昨日の現場風景・・・地下から伸びていくラセン階段 見上げ。
パースがきいて、アンモナイトの様に渦巻いて見えます。

アンモナイト・・・_f0154697_18511504.jpg




































ここ数日、ほぼ毎日雨模様の中、外作業がなかなか進まないのがこの時期です。
が、そんな時は室内作業に切り替えて、と段取りよく大工衆が進めてくれています。
下からの見上げだとよくわかるのですが、登りはじめは壁なりの四角で、
5段目からハネ出しのアール階段となり、最後の3段がまた四角になるという階段。
ホント毎回よくこんな面倒な事 考えますよね・・・と大工に小言と言われつつ
現場は穏やかに進んでいます・笑
ただこの形状はザイン的な面から決定しているのではなく、有効寸法の最大限の確保と
下階への圧迫感を軽減しながら軽やかにしたいという意図での事なんです。
現場の前段で階段が完成すると昇降がラクになり、各職人の作業効率がUPします。
そんな今後の段取りも含めて、内外の作業は大工を中心に進んでいきます。

来週は少し天気が回復してくれる事を願っています。
各地の被害も心配です・・・

g_■■■


g_FACTORY Instagram



by bonjour-gaku | 2020-07-08 18:59 | 現場風景 | Comments(0)

Five roofs ・・・

先週末、奇跡的な 梅雨の晴れに「台地の家」上棟する事が出来ました。

Five roofs ・・・_f0154697_19282486.jpg

























前日は結構な雨の中、大工衆が建て方作業を決行・・・
そして翌日はこの晴天! 雨オトコ発揮しなくてよかったデス・笑
今回は何度か 模型 もUPしていますが、5つの屋根が交錯する複雑な屋根形状。
それを1セットずつ組み上げるという大工衆泣かせの屋根でありました。
工法も構造設計と何度も打合せ、議論を重ねてやっとココまで辿りつきました。
文京区の5つの台地と、5人家族をイメージのベースにしながらこのデザイン
コンセプトにもなっています。 その意図をクライアントさんや、工務店にも
よく理解してもらった上に成立しているプロジェクトだという事を改めて感じ、
感謝と共に、イイ上棟式になったと思っています。
地下工事からこの棟上げまで約3ケ月・・・コロナにもマケズ、この台地から
這い上がり、無事に建ち上がってくれました! 関係各位にホント感謝です。

これから引き続き、現場風景 UPしていきたいと思います。


g_■■■


g_FACTORY Instagram




by bonjour-gaku | 2020-06-23 22:59 | 現場風景 | Comments(0)