荒板の壁・・・

f0154697_21483620.jpg毎週の現場通い。 様々な変化を目の当たりにします。

当然ゼロから作りあげて行く訳だから変化して当然なのですが
その下地の状況がいいな~と思う事が多々あります。
こちらの現場、もっか左官外壁の下地の荒板を施工中。
ラス下地という状態なので、当然左官が塗られてしまえば
壁内に埋没してしまうものなのですが、これが壁全面に張られて
いる状態が意外にも圧巻で、美しい・・・のです。
その荒板の質感といい、このラフな隙間のピッチも然りです。
ちなみに1本見える黒ずんだ1本は、古材を利用した火打梁。

今回外壁は2重壁となり、左官材の上にもう一枚の外壁を施工予定。
2重になるその陰影と、この下地の様な木々の隙間をどういうふうに
見せればいいのか・・・。 これからの課題であります。

                                    g_■■■

by bonjour-gaku | 2010-08-28 21:59 | Comments(0)
<< 「相模原の家」 ・・・ OHのご案内 飛鳥山の小径・・・ >>