茅の屋根と・・・

f0154697_2492824.jpg夏休み、田舎に帰省した時の風景・・・。
そんなひと昔前の風景がまだ意外に近くにありました。

友人から誘われ、興味と好奇心だけでそこに訪ねる事が出来ました。
茅葺き屋根を冠った、築150年近く経つお宅。
そこに日常生活を営んでいるだけでも、正直驚きでありました。
ボクの故郷にも、南部曲がり家という茅で葺かれ 馬と暮らす家は
ありました。 でもそれをキチンと見学したのは資料館として
保存している建築でしたし、懐古趣味的な家はあったような気がします。
が、そこには普通の日常の風景がありました・・・洗濯を干したりとか。
暑い日差しも一歩中に通して頂くと、本当に気温がグッと下がるのを
肌で感じる事が出来ました。 広い土間と、尺5寸の大黒柱が迎えて
くれました。 圧倒的なその素材感と、スケールにしばし言葉を
失う程でありました。 本当にここで生活しているの? と思う程。

日本の住宅の原点はたぶんこんな家にあったんだろうな。
プロジェクトになるか否かは別として貴重な体験をさせて頂きました。 g_■■■

by bonjour-gaku | 2010-08-06 23:59 | Comments(0)
<< 夏空に・・・ 木傘・・・ >>