カテゴリ:c+g:re.Skd house( 16 )

石岡の家 OH ・・・

昨日 お天気にも恵まれて、石岡のオープンハウスを無事終えました。

f0154697_18391381.jpg


前日の雨が結構長引いたため、心配しましたが雨男返上です!
また遠方にも関わらず、多くの方々に見て頂けました。 ありがとうございました。
納屋をコンバージョンして住宅に・・・ボク達にとっても興味深いプロジェクトでありました。
計画から工事まで何度も難題がありましたが、クライアントを始め
工事関係者の協力もありなんとか完成する事が出来ました事を
この場をお借りしてお礼を申し上げたいと思います。

これから新たな生活が始まります。 しっくりと馴染んでくれるといいな。
また少しずつ完成写真を紹介していきたいと思います・・・。


g_■■■


More ・・・
by bonjour-gaku | 2012-03-04 18:59 | c+g:re.Skd house | Comments(0)

「石岡の家」・・・OHのご案内

来週、茨城県石岡市でオープンハウスを開催する事に
なりましたので、ご案内致します **********


f0154697_14393264.jpg


築60年近く経過した古く小さな納屋を改修し、機能・面積的に不足した分だけ
小さく新築を建て、それを合体させる、というプロジェクトであります。
改修や新築というカテゴリーだけではない、それらを複合させながら、
今あるものを生かし、足りないものだけを付加していくという建築の作り方も
これからの省資源、低エネルギー時代には当たり前になってくると思います。
単純に それによるデザイン的な可能性や魅力も感じるところです。

この度 クライアントのご厚意によりオープンハウスをさせて頂きます。
少々 遠方ではありますが、ぜひお越し頂ければと思います。

・日 時 : 3月 3日(土) 10時~17時 くらいまで
・場 所 : 茨城県石岡市
・設 計 : g_FACTORY + COBO

場所などの詳細は g_HP → メールにて ご一報下さい。 
追って案内をお送り致します。


g_■■■

by bonjour-gaku | 2012-02-26 16:59 | c+g:re.Skd house | Comments(0)

finish work ・・・

COBOサン とのコラボproject・・・いよいよ佳境になってきています。  

f0154697_21134729.jpg


仕上げ作業も急ピッチで進行し、養生もぼちぼち撤去・・・
徐々に空間の表面材が現れ始めてきている、といったところです。
最終工程も確認し、いよいよお披露目する時期が決まりました。
もっか 3月3日(土)を予定しています(茨城の石岡市)。 
少々遠方ではありますが、多くの方に見てもらえたら嬉しいです。

詳細はまたこのブログにてお知らせしたいと思います。


g_■■■  

by bonjour-gaku | 2012-02-18 21:59 | c+g:re.Skd house | Comments(0)

old to new ・・・

いい青空の1日でありました。

f0154697_21302529.jpg


ふとした現場の景色・・・。  室内が真っ白になるにつれ
その場所がやわらかい光で満たされ、様々な方向へ拡散しています。
古いところから 新しいところへ・・・。

切り取られたフレームから見える景色です。


g_■■■

by bonjour-gaku | 2012-02-10 22:59 | c+g:re.Skd house | Comments(0)

陽だまり・・・

現場の足場がやっと撤去されていました。

f0154697_22305686.jpg


冬晴れの真っ青な空にシロとクロの外壁が いいコントラストです。
そして室内の方もだいぶカタチと色が合致してきました。
こちらも新-旧がミックスしています(柱と丸太は古材デス)

冬の窓辺は最高に気持ちのいい場所になりそうです。
今月の終わりくらいには お披露目が出来るかも?しれません。


g_■■■

by bonjour-gaku | 2012-01-31 22:59 | c+g:re.Skd house | Comments(0)

Ostrich ・・・

数十年の埃をかぶった古材達・・・。

f0154697_17271972.jpg

丁寧に水洗いをし、その上に荏胡麻油をたっぷり摺り込んでもらいました。
小屋梁の色艶もだいぶ戻り、手斧掛けの斑点がまるでオーストリッチの模様みたい。
先人達の手仕事の痕、やっと復活してきました。


g_■■■

by bonjour-gaku | 2012-01-14 19:59 | c+g:re.Skd house | Comments(2)

コーナーの納まり・・・

f0154697_15342613.jpgこちらの現場も、今年最後の定例となりました。

ちょうど外壁の施工中に立ち会う事が出来ました。
外壁材は ブリキのなまこ板(正式にはガルバリウム
鋼板の小波板)を張っています。 サイディング系だと
いつも「コーナー」の納まりに頭を悩ませます。
出来るだけスッキリ、カッチリと見せたいからです。
今回は比較的に安価な材料だけに、逆にそのあたりの
ディテールをキチンと考えないとただのブリキ板張り
・・・になってしまう恐れが。 今回は波板を角に
合わせて折り曲げて一体的に施工する事にしました。
これなら余計な役物がなく、ひとつの塊に見えそう。。

施工者の技術力の高さあってこそ実現出来るのですが
見ていても職人さんに申し訳ありませんってくらい、
簡単に見えて手間のかかる仕事であります。  g_■■■

by bonjour-gaku | 2011-12-24 18:59 | c+g:re.Skd house | Comments(0)

Beyond the Window ・・・

f0154697_2128294.jpg窓の開口は、いつも非常に迷うところです。

外観のデザイン検討は模型などでスタディーはいくらでも
可能なのですが、内部から外の景色がどう見えてくるかと
いうのが非常に難しい。 勿論ある程度想定は可能ですが
ココっというところがずれると住宅のスケールでは致命傷に
なってしまう事も。 特に今回は既存建屋が既にベースに
ある上で新築部を配置してきているのでそのあたりも更に。
写真の切り取られている開口は、新築部から既存建屋の
屋根テラスへ繋がる部分。 高さなどをあたりつつ無事
いいレベル、そして景色になってきております。
2棟の角度を少しだけずらす事によって建物の2面が見え
より奥行きが感じられるようにしています。

後はその繋ぎのディテールをどうするか・・・
結局全て迷い、迷いつつやっと形が見えてくるのであります。 
                               g_■■■

by bonjour-gaku | 2011-11-26 22:59 | c+g:re.Skd house | Comments(0)

葺き替え・・・

f0154697_22101459.jpg先日の上棟骨組から徐々にそれらが変化しつつあります。

既存のセメント瓦の風貌が今日は新たな板金の帽子に
変わりつつありました。 本瓦であれば それを再生して
使いたいところでありましたがセメント瓦であったため
だいぶ劣化しおりましたので・・・。
既存部分は黒をベースに、新築部分はとにかく真っ白に
しようと思っています。 いいコントラストになると思います。
既存部は概ね全体の梁の架け替えから、新たな屋根づくりと
外郭が見え始めてきました。 現場を見ながらやっぱり
残してみようか、と思う箇所やその逆など。
全体を見ながら ある意味即興で判断していく面白さがあります。
そういう感覚的な部分を大事にしながら作っていきたいと
思っています。 新築の部分も然りですが。
次回はディテール設計の詰めの作業に入っていく予定です。
                               g_■■■


なぜ・・・埴輪?
by bonjour-gaku | 2011-11-15 23:59 | c+g:re.Skd house | Comments(2)

上棟の儀・・・

f0154697_2243454.jpg今回も予報に反しての秋の晴れ間になりました。

1週間ほど前から建て方作業を進めていたこの現場。
今日 無事上棟の儀式を執り行う事が出来ました。
既存納屋の梁の移動や新たに設ける玄関周りの
小屋組も立派に組みあがりました。 この屋根部分は
完成するとデッキ&植栽庭園になる予定です。
来年のビアガーデンの予約がでるくらい家族内では
早くも人気の場所になりつつあります。
写真左側が既存の納屋、その奥のスクエアな形の方が
今回新たに新築した部分のフレームが見えています。
住まい手やご両親の大らかさを反映する様なスローな
家づくりが進行中です。 手仕事による部分と工業
製品による部分、仕上げも様々なものがミックス
しながら、来年竣工に向けて歩を進めていきます。
今回もたくさんご馳走になりまして、謝々。   g_■■■

by bonjour-gaku | 2011-10-31 22:59 | c+g:re.Skd house | Comments(0)