カテゴリ:g007:Mt.Bldg Prj( 14 )

Gallery K & house・・・Update

f0154697_21154647.jpg一昨年夏に竣工したこのお宅・・・や~っとHPに作品を
UPしましたので、ぜひ立ち寄って見に行って下さいませ。

「Gallery K & house」・・・クライアントの経営・主宰する
地下のギャラリーと1階にアートショップ、そしてその上階
2層に住宅が乗っているコンプレックス建築となっています。
街の喧騒と住宅地の静けさの境界に位置するこの場所に
その緩衝帯として緑で包まれる建築を作りたいと思いました。
壁面の緑と三角屋根がこの建築のアイコンになっています。
付近の雑居ビルを抜けた住宅街からあまり突出しないような
デザイン・高さに抑えつつ、他の建築にはない特徴を、
植物という自然力に委ね、時間の経過と共に建築も変化、
成長していく事を願ってデザインしました。

この写真を整理しながら、その時 自分が何を考え、この建築と
向き合っていたのか考える機会になりました。     g_■■■

by bonjour-gaku | 2011-01-30 21:59 | g007:Mt.Bldg Prj | Comments(0)

Passage of time ・・・

f0154697_23234994.jpg完成後のお宅を訪れるのは、なんだか嬉しい事です。

昨年受賞した某コンテストの取材と撮影だったのですが
この1年で少し周辺に変化がありました。
敷地のわずかなスペースに植えた木々がだいぶ大きく
なっていた事。 外壁に張った素地のカナダ杉の色が
板それぞれに色褪せしたり逆に色が濃くなっていた事。
そして壁面緑化が少しずつ壁を登り始めていた事 etc.
年月を経る楽しみを、建築のみならず木々やツタなどの
周辺環境を取り込みながら成長していく姿を感じて
もらいたいと思ったから。 壁面全体が模型の様な
緑のカーテンになるまではまだ数年はかかりそうですが。

年月が経て美しくなる建築・・・。 周辺の小さな植生環境
によって建築はさらに生かされていくのだと思います。
                              g_■■■

by bonjour-gaku | 2010-07-06 23:59 | g007:Mt.Bldg Prj | Comments(0)

生活の香り・・・

f0154697_0494286.jpgお盆も終わり 暑いとは言え、朝晩はだいぶ過ごしやすくなりました。

今日は、竣工引越し後、約1ケ月経ったお宅訪問へ・・・。
引越し後1週間目に伺った時は、まだダンボールの山の中で生活?状態
ではありましたが、あの山は既になく少しづつ人、そして家にフィット
してきている様子を伺えてホッとひと安心。
壁に絵を掛けたり、窓辺にカワイイ小物を並べたり、生活を楽しむ余裕も
出てきたようです。 こういう風景を見れる事がこの仕事をしていて
一番嬉しい事かもしれません。 外の緑や屋上の芝生も、この暑さに負けず
だいぶ落ち着いて、そして建築と一体化してきてましたし。
もう今は現場ではない、その家族の匂いが少しづつ染み込んできていました。

話は脱線しますが、あとひとつ嬉しい事が。
今日もまた、花巻東が快勝! ホントいい内容、いい勝ち方でした。
いよいよベスト8。 これからの連戦が心配ではありますが、一番上を
期待せずにはいられません!!                    g_■■■

by bonjour-gaku | 2009-08-20 23:59 | g007:Mt.Bldg Prj | Comments(0)

Last Song ・・・

f0154697_23251558.jpg梅雨明け宣言が出てから とにかく暑い。
今週1週間 真夏日、猛暑、熱帯夜のオンパレード・・・。

そんな真夏の現場、2週間も通い詰めれば日にも焼けます。
今週末 やっとメドがつきスタートさせる事が出来た1軒。
かなりの難工事、そして工期も短い上に 様々な刺激的な問題も
多々あった上、ご近所もなかなか曲者が多かったり・・・と。
それでもクライアントの強い熱意が、ボク達をここまで引っ張って
くれたのだと感謝しています。

数年後、無塗装の外壁板も風化してシルバーグレーになるだろし、
足元の植栽や壁面のツタによって外壁のエッジもぼやけていくだろう。
時間の経過をプラスとして感じられる建築になれば・・・と願っている。                                                                                            
 
                                    g_■■■

by bonjour-gaku | 2009-07-18 20:59 | g007:Mt.Bldg Prj | Comments(0)

color × color ・・・

f0154697_1315682.jpg今日 Tokyo 蒸し暑い一日になりました。
そして七夕、久々に晴れたので夜 ブラっと外に出ると妙に明るい。
そうか、今宵は full moon・・・天の川が見える訳もなく
雲の切れ間から時折覗く月を眺めて一服・・・残念です。

さて雨よりはましですが 暑くても大変なのが現場です。
内装工事の方も大詰め作業。 いつもは単色で仕上げる事が
多いのですが、今回はクライアントから「色を使いましょう」と
いうテーマを頂き 各部屋ごとにテーマカラーを相談して決めました。
ライムグリーン、スカイブルー、ワインレッド、そしてターコイズブルー。
最初は少し不安もありましたが、仕上がってみるとなかなか新鮮です。
いつもの白壁に一色加わることによって空間に変化がでて
そして不思議に明るく、リズミカルになります。

空間をカタチのみならず、色でデザインするのも新たな発見です。   
                                     g_■■■

by bonjour-gaku | 2009-07-08 01:59 | g007:Mt.Bldg Prj | Comments(0)

Song・・・13

f0154697_1153473.jpg今朝も音の無い静かな雨がシトシトと・・・。

先日 立ち上がったばかりの現場には酷な雨となりました。
屋根の防水処理はまだだし、屋根形状を変えている部分の
施工もまだだったりで、屋内とは言え 一部はほぼ露天。
大工さん、長靴をはいて屋内のハシゴを行ったり来たり・・・。
天気や現場の状況によるとは言え、無防備に木が濡れている
状態を見るほど ツライものはありません。
ポツンと置かれたバケツも、あまり意味ないみたいだし。

これから梅雨時期に突入する前に、色々決着をつけなければ
ならないコト、モノ、工事が山積み、となりそう。
来月からは日々の天気予報に一喜一憂・・・しそうです。

                                g_■■■ 

by bonjour-gaku | 2009-05-30 11:59 | g007:Mt.Bldg Prj | Comments(0)

三角屋根と十字架・・・

f0154697_0205983.jpgここ2日 Tokyo は夏日・・・。 でも風は心地よい 初夏の風。

解体から 地下工事まで 難航を極めていた 現場・・・。
とりかかりから 昨日まで どれくらい日々を労しただろう?
皆々の苦労が やっとカタチとなり 地上に建ち上がりました。
暑い中、職人達は たまに文句を言いつつもいい汗拭いながらの作業。
毎度ですが この日ばかりは 鳶にならなかった自分を悔やみます。
あの高所での作業を スイスイこなすあの姿・・・男の憧れデス!
そうこうしている間に、順調に日暮れ前には棟も上がりました。
見上げると 三角屋根の向こうには 教会の十字架が。
不思議に、この屋根と青空にマッチしている風景・・・。

これから完成に向けて急ピッチで作業は粛々と進んでいきます。
空だけではなく この街にも、そして人々にもマッチし、受け入れられる
建築になれば・・・と願いつつ、クライアントと盃を交わした夕暮れでした。
                                    g_■■■

by bonjour-gaku | 2009-05-21 23:59 | g007:Mt.Bldg Prj | Comments(0)

Song・・・8

f0154697_2241373.jpg今週始めの寒さで いまさら風邪をひいてしまいました。 
時期が時期だっただけに、まさか ○インフル!?
と一瞬心配しましたが ただの風邪でした。 今日からやっと復活デス。

今日、この晴天に寝ている場合ではない一大イベントがありました。
コンクリートの打設・・・です。 立上りからスラブまでイッキに打ち上げるのが
今日の作業。 ボクが到着したころは既に現場は殺気立っている状態で、
あちこちで威勢のいい声が型枠に囲まれた空間に反響しています。
写真を撮るヒマもなく、木槌を手渡され? ボクも型枠タタキ作業の一員に。
切れ間なく流し込まれるコンクリートの鈍い音を頼りに 型枠を叩き、
そしてまた移動して・・・の作業が延々と続いていきます。
コンクリートの発熱、人の熱気、そしてこの陽気・・・病み上がりには過酷な
現場条件ではありましたが、なんとか無事に終わる事が出来、ひと安心。

木造で言えば、建て方の時に似ています。 でもそれとは違う緊張感アリ。
明日は間違いなく 筋肉痛・・・必須です。              g_■■■  

by bonjour-gaku | 2009-04-30 22:59 | g007:Mt.Bldg Prj | Comments(3)

Song・・・6

f0154697_18166.jpgここ数日 暖かい初夏の様な天気だっただけに
今日の Tokyo の寒さは堪えました。 小雨も降ったし。

とは言え、四季を通じて現場には休みはありません・・・。
今にも降り出しそうな重い雲を見上げならが 朝から現場へ。
型枠も大筋終わり、その空間にはベニヤと綺麗に整えられたサポート
パイプが整然と配列されていました。
雨の予報もあり、今日は職人さんお休み? 誰もいませんでした。
現場に一番乗りも久々です。 誰もいないその空間は 少し薄暗く
そして静かです。 その静寂にしばし浸りつつ、諸所のチェックを。
いつも感じるのですが、この段階の現場・・・好きです。
素の力強さを感じる瞬間です。 これからカタチづくられようと
しているその少し前の荒々しい状態・・・ムズムズします。

この寒さの中、クライアント夫妻も足を運んで頂き 同じ景色を見る。
当たり前ですが、共有する大切さを感じるひと時です。   g_■■■

by bonjour-gaku | 2009-04-18 00:59 | g007:Mt.Bldg Prj | Comments(0)

Song・・・3

f0154697_0481154.jpgサクラの開花が予想されてから花冷えの続く Tokyo。
今朝 横浜では雪がパラついたとか・・・。 

グッと 冷えた今日、都内某所のコンクリート打設の立会いに。
敷地全部をくり抜いた地下は、密集地の中にぽっかりとあります。
近隣が近いため、掘削作業も予想外に時間がかかりました。
地下工事の大変さを実感しつつ、そのなんとも不思議な青天井の
空間が これからカタチづくられる前の力強さを感じます。
幾重にも重なる太い鉄筋に、コンクリートが切れ間なく断続的に
覆い被せられていく作業は、見ているだけでワクワクしてきます。
っと同時にサンプル試験の立会い確認や、立米数のチェックなど
右往左往しながら、職人さんの邪魔にならない程度に現場内を
ウロウロとしながら・・・。 でも ちょっと邪魔だったかも。
クライアントも 興味深げにその深い谷を眺めながらなんだか嬉しそう。
埋戻しまでは、まだまだ気が抜けない作業が続きます。

あっという間に もう4月になりますね・・・。           g_■■■

by bonjour-gaku | 2009-03-27 00:59 | g007:Mt.Bldg Prj | Comments(0)